HACCP(ハサップ)とは | 日本ISOコンサルタント株式会社
HACCP(ハサップ)とは

HACCP(ハサップ)とは

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点( Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。それぞれの事業者様が使用する原材料、製造方法等に応じて自らが策定し、実行するため、従来の一律の衛生管理基準による手法よりも合理的で有効性が高い手法といえます

 

食品の衛生管理へのHACCPの導入について平成5年に食品の国際規格を定めるコーデックス委員会(国際連合食糧農業機関FAO及び国際保健機関WHOにより設置された国際的な政府間組織)において、ガイドラインが示されて以降、先進国を中心に著しい義務化傾向にあります。HACCPによる衛生管理は、我が国から輸出する食品にも要件とされるなど、今や国際標準となっています。

HACCPを導入することで、食品の安全衛生の向上につながることはもちろん、食品の提供に際して食中毒等の食品事故の防止や、事故発生時の速やかな原因究明に役立ち、食品を提供する事業者様にとってもメリットが大きく、同時に消費者様へのメリットにもつながると考えられます。

カテゴリー

会社概要

〒813-0034
福岡県福岡市東区多の津1丁目14-1FRCビル9階
TEL ; 092-292-0251
PAGE TOP