HACCP7原則12手順 | 日本ISOコンサルタント株式会社

HACCP7原則12手順

7原則12手順とは?

  • HACCPシステムに基づく衛生管理を効率的かつ効果的に実施するため、導入の方法について12の手順を行う必要があります。
  • このうち後半の7手順については特に重要で7原則と呼ばれています。

◎適用手順

HACCPは国際食品規格委員会(CODEX)で定められた12手順・7原則によって行われます。

手順1 HACCPチームを編成する

手順2 食品の説明・記述(安定性、賞味期限、包装、流通形態)

手順3 製品の使用方法を確認する

手順4 製造工程一覧図(フローチャート)の作成

手順5 製造工程一覧図の現場での検証

手順6 危害要因を分析する[原則1]

手順7 必須管理点(CCP)を設定する[原則2]

手順8 許容限界(クリティカルリミット:CL)を確立する[原則3]

手順9 CCPの測定(モニタリング)方法を確立する[原則4]

手順10 許容限界から逸脱があった場合の是正措置を確立する[原則5]

手順11 検証方法の手段を確立する[原則6]

手順12 記録をつけ、文書化を行い、それを保管するシステムを確立する[原則7]

カテゴリー

会社概要

〒813-0034
福岡県福岡市東区多の津1丁目14-1FRCビル9階
TEL ; 092-292-0251
PAGE TOP