◎改正概要:第3回 | 日本ISOコンサルタント株式会社

◎改正概要:第3回

~これからの飲食店営業許可~

今回の改正食品衛生法では、全ての食品事業者はHACCPに沿った衛生管理を取り組まなければならなくなります。ここで問題なのは、行政がどのように管理していくのかです。

厚生労働省は、飲食業の営業許可申請時に書類を確認することで管理をするといっています。

すなわち新規の営業許可申請時更新の営業許可申請時に書類を確認するということです。
(もちろん指導巡回時や監査時にも確認されます)

今まで一般飲食店などは非常に簡単な書類で新規の営業許可を取得できました。
しかし、法施行後は従来の申請書と添付書類に加え、ハサップの関係書類が必要になります。更新申請時も同じです。

福岡県では飲食店営業許可は6年間で更新しなければいけません。法施行後のタイミングで更新時期を迎える事業者は前もって準備をしておくことが大切です。
また、飲食店営業許可が必要となる風俗営業許可時にもハサップ関係書類は必要となります。

これからは風俗営業許可や飲食店の営業許可を生業にしている行政書士もハサップや衛生管理の知識が必要となります。

カテゴリー

会社概要

〒813-0034
福岡県福岡市東区多の津1丁目14-1FRCビル9階
TEL ; 092-292-0251
PAGE TOP